外国人技能実習制度の活用をご検討されている企業様へ
  
  
本日、平成29年11月1日より
外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律「技能実習法」が施行されました。

この外国人技能実習生制度とは、
日本の優れた技術を「外国人の人材教育」を通じて海外に移転し、
相手国の発展に寄与することを目的に、国際貢献へとつなげるという有意義な制度です。

なお冒頭の通り、今回新制度へと移行することによって、
初の対人サービスとなる「介護職種」にかかる実習が追加(許可)されることとなりました。

また併せて、相手国の送り出し機関と連携して企業様に実習生をご紹介する、 
私ども「監理団体」への許可基準の変更や、制度の適正運用に関する制約や実習期間の延長など、
様々な規則の拡充が定められたことも、受け入れを検討される企業様にとって非常に重要な部分です。

今後もたいようヒューマンネットワークは、
青森県の就職支援会社のリーディングカンパニーとして、
改正された「技能実習法」を適正に運用するためのセミナーを開催・実施をするなど、
実習生の受け入れを検討されている企業様を、これまで以上にバックアップさせていただきます。

つきましては、技能実習制度に関するご質問や、
セミナーの開催に関するご相談は、当社までお気軽にお問い合わせください。

皆様の変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

たいようヒューマンネットワーク  代表取締役 越後林 寛之